インフォメーション

2023/01/10

2月のおすすめ「カーニバルの料理とデザート」

2023年は2月17日からカーニバルが開催されます。

イースターのおよそ40日前に楽しまれる行事が世界各地で始まります。

お祭りの他には、肉料理が大量に消費されると共にこの時期の伝統的なお菓子も

たくさん楽しまれます。

 

「Couscous con maiale e broccolo」

                                トラパニ風豚肉のクスクス ¥3,500(¥3,850)

シチリアではクスクスは魚のソースと合わせるのが一般的ですが、この期間は豚肉です。

この料理は主にトラパニで食べられますが、クスクス以外はどんな肉料理があるかシチリア

全土を見渡せばローストポークや肉のソースのパスタ料理(カヴァテッディやカネロニや

マッケローニ、シナモンやお砂糖の入ったリコッタのラビオリ等々)といった、

美味しそうなメニューがたくさん登場します。

今回ご用意するクスクス料理のソースは、豚のバラ肉とサルシッチャとカリフラワーを

スパイスとトマトソースで煮込みます。クスクスには赤玉葱とミントとパセリを刻んで混ぜ、

豚肉を煮込んだスーゴを加えて調味します。

 

「Pignoccata Palermitana」 パレルモ風ピニョッカータ ¥1,100(¥1,210)

これはアラブの影響を受けて生まれたお菓子の一つで、小さな楕円形の生地を揚げてから

ハチミツを絡め、松ぼっくりの形に積み上げてあります。

シチリアでは松ぼっくりは繁栄の象徴とされています。形を模した焼き物が門扉や邸宅内に

飾られたりしているのを見かけます。

 

「Testa di turco di Scicli」  

                                      シクリ風テスタ・ディ・トゥルコ ¥1,200(¥1,320)

トルコ人の頭、という名前のお菓子です。

その昔(1000年代初期)ノルマン人(キリスト教徒)とサラセン人(イスラム教徒)の

大きな戦いの後、敗れたサラセン人のターバン(亡骸)がたくさん転がっていたそうです。

その戦場となったシチリアの南東にあるシクリでは、イスラムの支配から解放されたことを

喜び、キリスト教徒の勝利に沸いたと伝わっています。天から軍装のマリア様が白馬に乗って

降りてきて勝利に導いた!そうです。

これは、そのターバンの形にしたシュー菓子です。平たく焼き上げたシュー生地に、

リコッタクリームとカスタードクリームを挟んでたっぷりの粉糖で飾ります。

 

2/1(水)よりご用意します

*( )は消費税10%を含む価格表示です

2023/01/08

セットメニュー改定のお知らせ

コロナ禍が続くなか、折に触れお訪ねくださる皆様に感謝申し上げます。

多くの方々がこの物価高の影響を受けていらっしゃるなか大変心苦しいご案内となりますが

2月7日(火曜日)よりセットメニューの価格を見直すことに致しました。

構成は変わりませんが、これまで以上にお楽しみいただけるような内容にグレードアップ

してまいります。また、パスタを含まないメインディッシュのみのランチセットメニューも

復活しますのでご期待ください。

引き続きアラカルト料理もご案内しております。

お時間がありましたら季節の一皿を是非お試しください。

 

今後も信頼のおけるサプライヤーの協力のもと

専門店でこそ実現できる様々な料理とワインの充実に努めてまいります。

 

( )は税込みの価格表示です 

 

<ランチ>

パスタセット ¥1,700(¥1,870)

季節の野菜サラダ

季節のスープ

本日のパスタ(2種類よりお選びください)

コーヒー又はカモミールティー

自家製パン

*火曜日~金曜日にてご案内しております

 

ランチコース ¥3,000(¥3,300)

季節の野菜サラダ

前菜2種類の盛り合わせ

本日のパスタ(2種類よりお選びください)

デザート

コーヒー又はカモミールティー

自家製パン

*火曜日~日曜日にてご案内しております

 

★復活メニュー★

メインセット ¥2,300(¥2,530)

季節の野菜サラダ

本日のメイン料理

コーヒー又はカモミールティー

自家製パン

(日々のチョイスはございませんが、1週間を目安に内容が変わります)

*火曜日~金曜日にてご案内となります

 

<ディナー>ディナーコースはテーブルごとにご注文ください

ディナーコース ¥6,600(¥7,260)

*シェフお任せの5品です。アレルギーや苦手な食材がある場合はお知らせください。

*事前のご予約がなくてもご来店なさってからご注文いただけます。

 

ディナーコース ¥12,000(¥13,200)

*シェフお任せの7品です。アレルギーや苦手な食材がある場合はお知らせください。

*3日前までにご予約ください。

 

 

2023/01/02

1月のお休み

2023年1月のお休みは、9日、16日、23日、30日の月曜日(定休日)となります。

新年は4日(水曜日)より営業します。

2022/12/10

1月のおすすめ「温かい野菜料理」

年明けの1月は、シンプルな温かい野菜料理をご用意します。

 

「Pizza di scarola alla Napoletana」 

                 スカローラのピッツァ ナポリ風 ¥1,200(¥1,320)

ナポリ周辺でスカローラと呼ばれるエンダイブの一種を、松の実やレーズンと一緒にソテーし

イーストで醗酵させたピッツァ生地で平らに包んで焼き上げます。

この”ピッツァ”は、ピッツァ職人が粉の配合から醗酵まで管理して、400度近い薪釜で焼く

専門料理のピッツァではなく、家庭で作るタイプのものです。

 

「Maccu di fave」 乾燥そら豆のスープ ¥1,500(¥1,650)

冬場にはイタリアではひよこ豆、白いんげん豆、レンズ豆などの乾燥豆を使ったスープや

煮込み料理が頻繁に登場します。 シチリアでは、そら豆とひよこ豆が多くみられます。

特に3月のサンジュゼッペのお祭りには、そら豆をはじめとした色々な豆を使ったスープは

欠かせないお料理です。今回のスープには、そら豆とフェンネルを使ったポタージュ状の

濃度のあるスープをご用意します。

鰯のパスタ料理やベッカフィーコも、この乾燥豆のお料理も”Cucina Povera”です。

直訳すれば”貧乏人の料理”となりますが、これは、豊かにものを得られなかった時代に、

少しでも”無駄にしない”、”簡単な調理方法だけれども工夫をこらして美味しく食べよう!”

とした民衆の料理です。その根底にある”マンマ”の家族に対する愛情、食べる人達に

向けての愛情が無くしては生まれなかったお料理の一群です。

 

1/5(木)よりご用意します

*( )は消費税10%を含む価格表示です

2022/12/01

12月のアラカルト料理

今月のおすすめは、シチリアのクリスマスシーズンに楽しむお菓子をご案内しています。

 

Buccellato ブッチェラート ¥1,000(¥1,100)

ナッツ、ドライフルーツ、チョコレート、オレンジマーマレード等をクッキー生地に

包み王冠型に焼き上げます。

Cuddureddi クゥッドゥレッディ ¥500(¥550)

乾燥イチジクを使ったビスケット。シチリア各地ごとにバリエーションがあります。

お茶菓子として気軽にお楽しみください。

 

アラカルト料理は、季節の風味が目白押しです。

来週からご案内を予定しているメニューは、優しい風味のフリウリ風トリッパの煮込み、

アイルランド産骨付きラムのロースト。塩釜焼きなどもいいですね。

すでに先月末よりご案内を開始していますが、駿河湾のスカンピや桜エビと鮮魚は

パスタ料理やメインディッシュに。入荷して間もなくの間は、桜エビはクロスティーニ、

鮮魚はカルパッチョでもご案内します。

ジビエですと、新潟で罠仕掛けで獲ったマガモのオスが入荷します。

ピエモンテ産白トリュフは7日に入荷します。今回は2個以上の白トリュフをミックスして

定番の卵料理か手打ちパスタのタヤリンにあわせてご案内します。

下旬に予定しているメニューは、自家製塩鱈のフライ、フランス産フレッシュキャビアを

使って、今では定番になったイタリア料理、冷製パスタを前菜で。

ジビエはヨーロッパ産の野鳥や蝦夷鹿などをローストします。

ワインも幅広くご用意しております。イタリアらしい品種の面白さはグラスワインでも

楽しいのですが、1本ボトルを開けて変化していく風味をゆっくりお楽しみいただくのも

興味深い体験となります。

現在飲み頃を迎えているシチリアのネーロ・ダーヴォラを使った2009年ヴィンテージの

赤ワインや、最新リリースの2021年ヴィンテージのフリウリの希少白ワインなど、

ワインリストからじっくりお選びください。

一年最後の月です。 ”Ristorante”でも”Osteria”でも”Trattoria”でもない、

”Cucina”でこそご案内できる自由な楽しみ方をご提供できれば幸いです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...